インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

テレビドラマ

トップページ > 最新ニュース > 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
ニッポン・コネクション」ニッポン・ヴィジョンズ審査員スペシャル・メンション受賞
第22回上海国際映画祭ASIAN NEW TALENT AWARDノミネート!

2019-06-11 更新

ブルーアワーにぶっ飛ばすblue-hour
© 2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
配給:ビターズ・エンド

 箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開となる。この度、ドイツにて開催された第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」にてニッポン・ヴィジョンズ審査員スペシャル・メンションを受賞! さらに、第22回上海国際映画祭ASIAN NEW TALENT AWARDの最優秀映画賞&最優秀監督賞へのノミネートが決定した。


<ドイツ日本映画祭にてニッポン・ヴィジョンズ審査員スペシャル・メンション受賞!>

 先日ドイツ、フランクフルトで開催されていた第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」にて、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がニッポン・ヴィジョンズ審査員スペシャル・メンションを受賞! 世界最大の日本映画祭と言われる同映画祭。上映後には「パワフルなキャスト、華麗な脚本に支えられた箱田優子の輝かしいデビュー作」「本作は、作家としての彼女の才能を印象的に映し出している」と、箱田監督へ称賛の声が寄せられ、晴れ晴れしいヨーロッパプレミアとなった。

<第22回上海国際映画祭にて最優秀映画賞&最優秀監督賞ノミネート!>

 さらに、6月15日から開催される第22回上海国際映画祭ASIAN NEW TALENT AWARDの最優秀映画賞&最優秀監督賞にノミネートされた。アジア最大級の規模を誇る同映画祭では、日本映画が多く選出されていることで知られ、日本特集や特別上映会などが人気を博している。今年はコンペティション部門に今泉力哉監督『アイネクライネナハトムジーク』が、パノラマ部門には中野量太監督『長いお別れ』など日本から続々と出品されるなか、アジア新人部門に本作がWノミネート。箱田監督も同映画祭に参加する予定だ。

 他にも、6月27日から台北で開催する第21回台北映画祭の国際ニュータレントコンペティション部門への出品も決定し、日本での公開前から世界各国の映画祭を賑わしている本作に、ますます注目が集まる。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
ドイツ日本映画祭「ニッポン・コネクション」にてヨーロッパプレミア&第21回台北映画祭出品

Page Top