インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 ロケットマン

2019-05-24 更新

英題:ROCKETMAN
ロケットマンjohnwick
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

イントロダクション

 『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーという話題のタッグで贈る、音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」にも選ばれた伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンターテイメント超大作、映画『ロケットマン』が東和ピクチャーズ配給にて、8月23日(金)より全国公開となる。

 世代を超えて愛された音楽史に残るカリスマ“エルトン・ジョン”を演じるのは、『キングスマン』シリーズの“エグジー”役で世界的人気を誇る、タロン・エガ-トン。数々の名曲をエルトンと共作した創作上のパートナーであったバーニー・トーピン役には、『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル。エルトンの母シーラ役には、『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード。エルトンのマネージャーで、後にクイーンを見出したことでも知られる敏腕音楽プロデューサー ジョン・リードには「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデンといった、実力派キャストが集結!

 昨年の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で製作総指揮を務め、監督のブライアン・シンガーが撮影中に降板した後には、監督を代行し、作品を完成させたことでも話題を呼んだデクスター・フレッチャーが監督を務めたほか、『キングスマン』シリーズの監督マシュー・ヴォーンと、エルトン・ジョン自身も製作として参加し、心を震わせる数々の名曲で彩られた胸熱のシーンが実現している。


rocketman

(2019年、イギリス・アメリカ合作)

キャスト&スタッフ

監督:デクスター・フレッチャー
脚本:リー・ホール
製作:マシュー・ヴォーン
出演:タロン・エガ-トン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデンほか

配給
東和ピクチャーズ
8月23日(金) 全国ロードショー!

オフィシャル・サイト
https://rocketman.jp/ (外部サイト)


関連記事
第72回カンヌ映画祭レッドカーペット&記者会見

Page Top