インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

テレビドラマ

トップページ > 最新ニュース > 『初恋』

三池崇史監督最新作『初恋』
超異例!?全米先行公開

2019-08-12 更新

初恋hatsukoi
© 2020「初恋」製作委員会


 三池崇史監督×窪田正孝主演の映画『初恋』(東映配給)は、超異例の全米の先行公開が決定し、全米プロモーション用のインターナショナルTrailer【米国版】とビジュアルも到着した。



 本作は今年5月にフランスで行われた第72回カンヌ国際映画祭において監督週間に選出され、三池監督の最新作を待ちわびていた映画ファンを大いに沸かせた。現地で行われた2度の上映はいずれも超満員、作品の評判を聞きつけた各国の関係者から映画祭の招待や公開の相談が相次ぎ、30以上の映画祭から招待を受けている。世界的な盛り上がりを受け、公開をいち早く決めたのが全米! 2019年9月27日(金)の初日が早くも決定した。実写邦画としては大規模な100館程度での上映を予定しており、その期待の高さがうかがえる。

 また、9月5日~15日にカナダで開催される北米最大の映画祭「第44回トロント国際映画祭」のミッドナイト・マッドネス部門への出品も決定した。世界各地から映画祭の招待や配給の問い合わせ多数寄せられているということで、全米先行公開のみならず、今後のワールドワイドの展開に、引き続き注目していきたい。


【WELL GO USA ENTAERTAINMENT(全米配給会社) コメント】

 三池崇史は世界の映画監督の中で、最もエキサイティングなフィルムメーカーのひとりです。彼の新作映画『初恋』は、彼ほどのキャリアがありながら、挑戦的でとても興味深く刺激的で世界各国の観客は圧倒されることでしょう。『初恋』はチャン・イーモウ監督最新作『SHADOW/影武者』やイ・チャンドン監督最新作『バーニング 劇場版』と並んでアメリカでも話題となるでしょう。


【三池崇史監督 コメント】

 いや、驚きました。日本に先駆けて全米で公開とは……。
 アメリカの観客にとって『初恋』は、『ダンボ』とか『アラジン』とかと同じに見えるのだろうか? ま、確かに歌舞伎町の『ライオン・キング』と言えなくもないかな。ま、腹を括って、日本の[恋愛映画]がどこまで通用するか見てみましょう。


【ジェレミー・トーマス プロデューサーのコメント コメント】

 全世界の配給会社や映画祭にこの映画が認められたことは、世界中の映画ファンにとって三池監督の洗練されたスタイルとテーマが人気であることを再認識しました。



映画『初恋』

(2020、日本)

 ■ 監督:三池崇史
 ■ 脚本:中村 雅
 ■ 音楽:遠藤浩二
 ■ 出演:窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子、ベッキー、三浦貴大、藤岡麻美、顏正國(YEN CHENG-KUO)、段鈞豪(TUAN CHUN-HAO)、矢島舞美 出合正幸、村上 淳、滝藤賢一、ベンガル、塩見三省、内野聖陽ほか
 ■ 企画プロデュース:紀伊宗之(東映)
 ■プロデューサー:ジェレミー・トーマス(Recorded Picture Company)
 ■ プロデューサー:坂 美佐子(OLM)
 ■ 制作:OLM

 ■公開表記:配給:東映
 2020年全国公開



オフィシャル・サイト
 hatsukoi-movie.jp (外部サイト)




(オフィシャル素材提供)



関連記事
三池崇史監督初のラブストーリー『初恋』カンヌ国際映画祭2019「監督週間」に選出!
第72回カンヌ国際映画祭「監督週間」リポート
第72回カンヌ国際映画祭 監督週間公式上映「ワールドプレミア」ティーチイン&囲み取材
豪華キャスト、特写、超特報映像解禁!

Page Top