インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 ヒキタさん! ご懐妊ですよ

2019-04-15 更新


ヒキタさん! ご懐妊ですよhikitasan-gokainin
© 2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

イントロダクション

 原作は、作家・ヒキタクニオが自らの“男の妊活”体験を基に書き上げたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)。

 男性不妊という現実にショックを受けながらもそれを受け止め、全力で妊活に取り組む主人公・ヒキタクニオを松重 豊が、そんなヒキタを懸命に支え、励ます二回り近く年下の妻・サチを北川景子が演じることで大きな話題となっている本作。

 濱田 岳、山中 崇、伊東四朗という実力派俳優陣が脇を固め、脚本家や構成作家としてもマルチに活躍する細川 徹監督が、どんな困難が立ちはだかっても、二人で支え合い、明るく前向きに乗り越えていくヒキタ夫妻の姿をユーモラスかつ抒情的に描き出す。


ストーリー

 ヒキタクニオ、49歳。職業、作家。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。二回り近く年下の妻・サチと仲良く2人で暮らしている。子ども好きだが、2人だけでやっていこうと思っていた。そんなある日の妻の突然の一言、「ヒキタさんの子どもに会いたい」ですべてが変わる。

 この一言で始まった2人の妊活だが、なかなか結果は出ず……。クリニックで検査すると驚きの事実が判明する。なんと、不妊の原因はヒキタ自身にあったのだ!! 「まさか、俺!?」

 アラフィフ作家・ヒキタクニオ。まさかの妊活始めます。


(2019年、日本)

キャスト&スタッフ

原作:ヒキタクニオ「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社刊)
脚本・監督:細川 徹
出演:松重 豊、北川景子、山中 崇、濱田 岳、伊東四朗ほか

配給
東急レクリエーション
10月4日(金) 全国ロードショー

オフィシャル・サイト
hikitasan-gokainin.com (外部サイト)


関連記事
第9回北京国際映画祭 ワールドプレミア上映後 舞台挨拶

Page Top