インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『アベンジャーズ/エンドゲーム』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』勝利祈願イベント

2019-04-14 更新

米倉涼子(日本語吹替版:ブラック・ウィドウ)、加藤浩次(日本語吹替版:ロケット)

アベンジャーズ/エンドゲームavengers-endgame 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
4月26日(金) 全国公開
© Marvel Studios 2019

 破格のメガヒットによって映画史を塗り替え続ける「アベンジャーズ」シリーズが、この春ついに完結。映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が4月26日(金)に全国公開となる。日本では4月5日(金)に前売り鑑賞券が発売されると、アベンジャーズ最後の戦いを今か今かと待ち望む大勢のファンが殺到し、販売わずか3日間で36,922枚の売り上げという、前作『アベンジャーズ/インフィニ・ウォー』の前売り鑑賞券の最終売り上げ枚数(34,490枚)をわずか3日間で抜く結果に! さらに、インターネット販売のムビチケオンラインでは、『インフィニティ・ウォー』の約2倍の3,387枚を売り上げ、MCU史上最高記録を打ち出した。アメリカでもオンライン販売へのアクセスが殺到し、サーバーがパンクし大騒ぎとなるなど、最大級の盛り上がりをみせている『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開前イベントが実施された。

 神田明神は1300年という長い歴史を持つ、江戸総鎮守。平将門を祀るために建立され、徳川家康が関ヶ原の戦いに赴く際に祈願し見事に天下統一を果たしたという、まさに必勝のためのパワースポット。祈祷後、境内で行われた勝利宣言式に登場した米倉は「たくさんの皆様に楽しんでいただけるように祈願しました。勝ち守りも頂いたので勝てると信じています!」、加藤は「生まれ変わった気持ちです!」と祈願の感想を述べた。


avengers-endgame

 そして、前作での仲間たちが塵と化して消えてしまうという衝撃のラストついて米倉は「本当にいなくなっちゃうんだ!?とびっくりしました。ブラック・ウィドウがいなくなるのかならないのかを確認をしながら、これからどうなるのかという不安と、『エンドゲーム』への期待が高まりました」と語り、加藤は神妙な面持ちで「いなくなったな、と思いました」とコメントしマスコミの笑いを誘った。

 本作でブラック・ウィドウとロケットは共に戦う役どころとなるということで、「ロケットは強烈で凶暴。小さいけれど強くて、仲間意識も強く、リーダーシップもあっていい仲間です!」と米倉は加藤が演じるロケットの活躍に期待感を寄せ、加藤は「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が始まった時にまさかガーディアンズがアベンジャーズに入ると思ってなかった。そして前作からガーディアンズではほぼロケットだけが残っている。それってすごい! ロケットがアベンジャーズに入っていることに単純に感動しました」と、改めて本作に参加したことへの喜びを明かした。

 最後に、日本では平成から令和へと新しい時代を迎えるということで、今後のアベンジャーズについて尋ねられた米倉は「せっかくたくさんのヒーローが集まって仲間になれたのに、これが“エンドゲーム”。信じられないですよね。でも、残った仲間と大逆襲できることを期待しています!」とアベンジャーズの勝利を改めて宣言。加藤は「決着がつきます。その決着を楽しみにしていただきたいですし、納得していただける最後になっていると思います。そして、これからのアベンジャーズ……これはね、難しい! アベンジャーズは終わるけれど、違う形になるんじゃかなと。まったく別のものになる可能性があるので、僕自身もすごく楽しみです」と予想。すると米倉から「アベンジ(逆襲)が終わったら、どうするんですかね?」と質問された加藤は「うーん……アベンジャーファーム? 最凶の敵を倒したら、全員で農場をやるとか(笑)」と、大胆なアイデアを提案し、境内は笑いに包まれながら勝利宣言式は終了した。



(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top