インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん

2019-05-25 更新


劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さんhikarinootosan
© 2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
© マイディー/スクウェア・エニックス

イントロダクション

 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』がギャガ配給にて2019年6月より全国公開が決定した。本作は、息子であることを隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1000万を超えたブログが原作。この連載はたちまち人気を集め、連載最終回がYahoo!ニュースで取り上げられるほどの話題に。その後、SNSで絶賛の声が爆発的に広がり、ネットの世界を飛び出して書籍化が実現。さらには地上波でドラマ化もされた感動作が、スクウェア・エニックスの全面協力を得て、ついに映画化することが決定した。

 息子・岩本アキオ役に坂口健太郎、父・岩本 暁役に吉田鋼太郎のW主演、そしてアキオの会社の同僚・里美役に佐久間由衣、アキオの妹・美樹役に山本舞香、アキオの会社の先輩・吉井役に佐藤隆太、アキオの母親役に財前直見と豪華キャストが集結!


hikarinootosan

ストーリー

 この人が死んだとき、泣いたりするんだろうか──自分が子供の頃から、何を考えているのか全く分からなかった父の背中を見て、心の中でそうつぶやくアキオ(坂口健太郎)。仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田鋼太郎)が、突然会社を辞めて家に帰って来たのだ。

 母と妹も一日中ボーっとテレビを見ている父を、遠巻きに眺めている。父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオに、ある計画が閃く。アキオの得意なオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るのだ。その名も〈光のお父さん計画〉!

 アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛け、励まされる。だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に家族も知らない意外な顔があるとは──。


hikarinootosan

hikarinootosan

hikarinootosan

hikarinootosan

hikarinootosan

hikarinootosan

hikarinootosan

(2019年、日本)

キャスト&スタッフ

原作:「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」マイディー
監督:野口照夫(実写パート)、山本清史(ゲームパート)
脚本:吹原幸太
出演:坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見ほか
声の出演:マイディー役(アキオのゲームキャラ):南條愛乃、あるちゃん役(ゲーム内フレンド):寿美菜子、きりんちゃん役(ゲーム内フレンド):悠木 碧

配給
ギャガ
2019年6月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開予定

オフィシャル・サイト
https://gaga.ne.jp/hikarinootosan/ (外部サイト)


関連記事
制作発表会
完成披露試写会

Page Top