インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『影に抱かれて眠れ』

『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会

2019-08-07 更新

加藤雅也、中村ゆり、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、若旦那、中野英雄、小澤和義、和泉聖治監督

影に抱かれて眠れkagedaka 配給:BS-TBS
9月6日(金) 丸の内TOEI2・横浜ブルク13他、全国順次公開
© BUGSY

 映画『影に抱かれて眠れ』の完成披露試写会が都内で行われ、舞台挨拶に加藤雅也、中村ゆり、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、若旦那、中野英雄、小澤和義、和泉聖治監督が出席した。


 本作は、作家・北方謙三による小説「抱影」を映画化したハードボイルド・ムービー。横浜の野毛で2軒の酒場を営む抽象画家・硲(はざま)冬樹を主人公とする物語。

 ザ・男祭り!映画『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会と銘打ったイベントには黒づくめの男たちが並んだ。当日イベントに出席が叶わなかったキャストの火野正平とAK‐69からはコメント映像が届いた。

 主演の硲冬樹役を務めた加藤は「今から1年ほど前の猛暑の中で撮影し完成した作品で、このようにお披露目できる日が来たことを光栄に思います」と客席に向かって喜びを伝えた。


kagedaka

 和泉監督は「昨年、平成最後の暑い夏にみんな汗だくになって撮影しました。感慨深い……」と当時を振り返る。また、和泉監督は撮影期間中、野毛に住んで現場に通っていたという。


kagedaka

 和泉監督が「ヒロインの永井響子役は『透明感のある』この人」と決めていたという中村が登場。中村は、監督の言葉に「ありがとうございます」とはじらいを見せる。現場について中村は、「キャストの皆さんの絆が感じられる現場でした。ロマンをもって生きてるって、素敵だなって感じました」と語った。中村と加藤は初共演。中村は加藤を「ダビデ像みたいに美しい方なので、もっとクールな方かと思っていたのですが、お話しした途端、同じ関西人ということもあって、近所のお兄ちゃんみたいにとても気さくに接してくださいました」とにっこり。加藤の人柄に感謝していた。


kagedaka

 硲(加藤)の敵役・中井役を演じた若旦那は「映画を観終わった後、僕のことを嫌いになると思います」と嘆きのコメント。「監督から汚く食事して欲しいと言われて、食べたことを明かし、豚足を手づかみで食べたので、手から臭いが2週間くらいとれなかった」と苦労も話した。若旦那は、普段の自分は優しくて紳士であることをアピール。劇中、そんな若旦那の熱演ぶりに注目。加藤は好きなシーンに若旦那が人から「暑いですね」と言われたときに返す「あ・つ・い(暑い)ですねぇ~」という言葉のドスのきいた言い回しが気に入ったそうで、「要チェック」とのこと。


kagedaka

 最後に和泉監督は「この映画はフィルム・ノワールの雰囲気のあるハードボイルドです。脚本の小沢くんと何回も推敲して作り上げました」と熱くアピール。

 加藤は「ハードボイルドを日本で映画化するのは難しくなってきています。こういう映画を、もうちょっと作っていきたいなと思っていますので、皆さんどうぞよろしくお願いいたします」と客席に向かって頭を下げた。

 終盤には、脚本を担当した小沢和義、プロデューサーの中野英雄も登場してフォトセッションに臨んだ。


kagedaka

kagedaka

kagedaka


(取材・文・写真:Sachiko Fukuzumi)



関連記事
映画史に残る、「男」の物語が誕生した。『影に抱かれて眠れ』2019年秋、公開決定!

Page Top