インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『サムライマラソン』

『サムライマラソン』完成披露イベント

2019-01-24 更新

佐藤 健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡 竜、バーナード・ローズ監督

サムライマラソンSAMURAIMARATHON 配給:ギャガ
2019年2月22日 TOHOシネマズ日比谷他全国公開
© “SAMURAI MARATHON 1855”Film Partners

 映画『サムライマラソン』の完成披露イベントが都内で行われ、主演の佐藤 健、共演の小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡 竜、そしてメガホンを取ったバーナード・ローズ監督が出席した。


 本作は、「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台にした土橋章宏氏の小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)が原作。江戸時代の幕末を舞台に、日本史上初のマラソンと言われる大会「安政遠足(あんせいとおあし)」を開催したという史実をもとに、ドラマティックに描かれた侍たちの物語。メガホンを取ったのは、『不滅の恋 ベートーヴェン』などの知られるバーナード・ローズ監督。製作陣には、アカデミー賞®受賞歴を持つ世界的スタッフが集結。

 幕府のスパイとして藩に潜入している忍び・唐沢甚内役を務めた佐藤は「海外の作品や海外のスタッフと仕事をしたいと思っていたので、即決でした」とオファーが来た時の感想を語った。さらに、作品については「過去、経験した一切の常識が通用しない、なにもかもが初めての挑戦のもと、それぞれがいつも以上に役と向き合い、時には力を合わせながら撮影しました。新時代における時代劇の形を提案できていると思います」と自信たっぷりにアピールした。


SAMURAIMARATHON

 ファーストテイクを大事にするという独特な手法でメガホンを取るローズ監督。いきなり本番のカメラを回し、その場の偶然性を捉える演出方法を取ったという。佐藤は撮影現場を振り返り、「(ローズ監督の手法は)台本を見るな、台本を気にするな、その場でなんでもしゃべっていいという衝撃な現場でした。僕は役としてあまりしゃべりませんでした。(辻村平九郎役の)森山さんは自分でセリフも考えていて、脚本家は森山未來でしたね(笑)。僕は、(自身の役の)唐沢の性格や立場を考えた結果、セリフを重ねたくないというキャラクターだったので、動きで見せられるように頑張りました」と話した。


SAMURAIMARATHON

 森山は「個人的には走ったり、馬に乗ったり、水の中で泳いだり……ひとりトライアスロン状態でした(苦笑)。いろいろなアプローチの方がいたんですが 、(藩主・板倉勝明役の)長谷川博己さんがきっかけを作ってくれました。最初の演説でどんどんセリフを変えながら周囲をけしかけていって……。そこからグッと現場に入り込めました」と述懐した。森山は初めてだという乗馬にも果敢に挑戦したという。


SAMURAIMARATHON

 老侍・栗田又衛門役の竹中も「ドキドキした。監督が『もっと! もっと!』と言うのでどんどんテンションを上げていって、とても興奮する現場でした」と語っていた。


SAMURAIMARATHON

 藩主の娘・雪姫役を務めた小松は「姫役と男装する場面もあって、作法(所作)、乗馬、殺陣、いろいろ考えながら、葛藤する日々でした」と役作りの苦労を吐露した。


SAMURAIMARATHON

 ローズ監督は、は「最高のキャストに恵まれて、日本で作品を作れたことは自分の映画の歴史において最もインスピレーションを受けた経験だった」とすべてのキャスト陣を称賛した。


SAMURAIMARATHON

SAMURAIMARATHON


(取材・文・写真:Sachiko Fukuzumi)



関連記事

Page Top