インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ハード・コア』

『ハード・コア』
第31回東京国際映画祭オープニングイベント

2018-10-27 更新

山下敦弘監督、ロボオ(中:石井モタコ)

ハード・コアhardcore 配給:KADOKAWA
11月23日(金・祝) 全国公開
© 2018「ハード・コア」製作委員会

 ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」(15)で絶妙なコンビネーションを見せ、「山田孝之のカンヌ映画祭」『映画 山田孝之3D』(17)の2本では、自由な映像表現で映画ファンを驚愕させた俳優の山田孝之と監督・山下敦弘。そんな盟友コンビによる待望の劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となる。

 本作は、90年代に漫画雑誌「グランドチャンピオン」で連載され、多くの読者の共感を呼んだ伝説のコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)の待望の映画化。10年前に本書を読んで「男たちの結末に泣いた」という山田と20年近く前に愛読していた山下監督。映画化を夢みていた念願の企画が、ふたりがそれを表現するのに相応しい年齢になったいま、最高の形で具現化される。30年近く前の男たちの狂おしくも熱いドラマが、生身の人間に命を吹き込まれてスクリーンで蘇る!

 そしてこの度、本作が第31回東京国際映画祭 特別招待作品に選出され、10月25日(木)に行われたオープニングイベントのレッドカーペットに山下敦弘監督と、劇中に登場する謎のロボット“ロボオ”が登場した! 山下監督は第19回東京国際映画祭で『松ヶ根乱射事件』(06)をコンペティション部門に出品しており、12年ぶりの東京国際映画祭となった。

 ロボオ(中:石井モタコ)は超がつく豪華な顔ぶれがレッドカーペットを歩く中でも一際目を引く出で立ちでレッドカーペットデビューを飾り、海外メディアの取材にも堂々とした様子で受け答えし会場を盛り上げた。また、山下監督は本年度の「アジアの未来」審査委員も務めており、審査委員チームともレッドカーペットを歩いた。


hardcore

hardcore

 東京国際映画祭でのレッドカーペットについての感想を訊かれた山下監督は「ロボットと歩くなんて想像もしてなかったので、自分がこの場にいることが不思議ですし楽しかったですね」と興奮した様子でコメントした。また、上映を楽しみにしている方々に対して「〈ハード・コア〉という原作を山田くんと語り合った時からもう8年くらい経ちますけど、ようやく映画が完成して、こういうとこでお披露目出来て感慨深いです。一つ自分の中で何かが終わってしまった気がするんですけど、まだ公開は先なので、宣伝も含めて楽しみですね」と本作に対しての熱い思いを語った。

 本作は、31日に同映画祭にて行われる舞台挨拶付きの上映も完売するなど、高い期待が寄せられている。


hardcore

hardcore

hardcore

hardcore

hardcore

hardcore



(オフィシャル素材提供)




関連記事
『ハード・コア』山下敦弘×『花とアリス殺人事件』久野遥子が豊島区の豊富な魅力を「ロトスコープ」アニメーションで伝える《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像、制作決定!
昭和レトロなポスター&ディレクターズカット版予告映像解禁!
完成披露試写会

Page Top