インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 パパはわるものチャンピオン

2018-08-27 更新


パパはわるものチャンピオンpapawaru
© 2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

イントロダクション

 女も男も、大人も子供も、私たちはみんな日々を戦っている。ここに一人、誰よりも戦う人生を選んだ男がいる。プロレスの世界で、トップまで上りつめたが、ケガのためにすべてを失くしてしまった男だ。彼はマスクをかぶって悪役として復活し、はじめはスターに返り咲くことを願っていたが、男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく──。

 主人公のプロレスラー、孝志を演じるのは、“100年に一人の逸材”というキャッチコピーを、その実力で証明した、新日本プロレスの棚橋弘至。

 孝志の妻の詩織には、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインの母親役で日本中を涙に包み、近年演技派女優として傑出した存在となった木村佳乃。

 孝志の息子の祥太には、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで、天才子役と絶賛される寺田 心。

 さらに、仲里依紗、大泉 洋、大谷亮平、寺脇康文ら今最も“観たい”個性派俳優が顔をそろえた。

 原作は、板橋雅弘・作、吉田尚令・絵の「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」。監督・脚本は、TVドラマ「ラブリラン」が高視聴率を獲得した藤村享平。

 どん底から這い上がり、傷だらけになっても戦い続ける男の姿が、熱く激しく心を揺さぶり、明日へ向かって生きる希望をくれる感動の物語。


papawaru

ストーリー

 まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。

 それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田 心)に打ち明けられずにいた。

 だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。

 自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは? そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか――。


papawaru

papawaru

papawaru

papawaru

(2018年、日本、上映時間:111分)

キャスト&スタッフ

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」作:板橋雅弘 絵:吉田尚令(岩崎書店刊)
監督・脚本:藤村享平
主題歌:高橋 優「ありがとう」(ワーナーミュージックミュージックジャパン/unBORDE) 出演:棚橋弘至、木村佳乃、寺田 心、仲里依紗、オカダ・カズチカ、田口隆祐、大泉 洋(特別出演)、大谷亮平、寺脇康文ほか

配給
ショウゲート
2018年9月21日(金) 全国ロードショー

オフィシャル・サイト
www.papawaru.jp (外部サイト)


関連記事
完成披露イベント

Page Top