インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 女王陛下のお気に入り

2018-07-26 更新

原題:The Favourite
The Favouritethefavourite
© 2018 Twentieth Century Fox

イントロダクション

 監督は『ロブスター』でカンヌ映画祭 審査員賞、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』でカンヌ映画祭 脚本賞を受賞した、今最も注目されるギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス。

 主演は『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞し、最新作『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』でもさらなる新境地を開いたエマ・ストーン。本作でも女優としての可能性をさらに広げる熱演が期待されている。共演はオスカー女優レイチェル・ワイズ、ゴールデン・グローブ賞/エミー賞に輝く名女優オリヴィア・コールマンなど、ランティモス監督が信頼を寄せる実力派に加え、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィンといった、フレッシュな英国俳優たちが脇を固めている。


ストーリー

 18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。人々は、アヒルレースとパイナップル食に熱中していた。虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が病身で気まぐれな女王の世話をし、絶大な権力を振るっていた。

 そんな中、新しい召使いアビゲイル(エマ・ストーン)が参内し、その魅力がレディ・サラを引きつける。レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。

 戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが長びく中、アビゲイルは女王の近臣としてサラに救いの手を差し伸べる。急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。


thefavourite


(2018年、アイルランド・アメリカ・イギリス)

キャスト&スタッフ

監督:ヨルゴス・ランティモス
出演:エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、オリヴィア・コールマン、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィンほか

配給
20世紀フォックス映画
2019年2月 全国ロードショー!



関連記事
第75回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門に出品決定、第56回ニューヨーク映画祭オープニング上映決定
第75回ヴェネチア映画祭で早くも賞レースのトップランナーに!
第75回ヴェネチア映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)&女優賞(オリヴィア・コールマン)受賞!
第56回NY映画祭オープニング上映で大絶賛!

Page Top