インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ファースト・マン』

『ファースト・マン』
第43回トロント国際映画祭記者会見

2018-09-13 更新

デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、カイル・チャンドラー、コリー・ストール、パトリック・フュジット、オリビア・ハミルトン、リック・アームストロング/マーク・アームストロング(ニール・アームストロング息子)

ファースト・マンfirstman 配給:東宝東和
2019年2月 全国ロードショー!
© Universal Pictures and DreamWorks Pictures
© 2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 9月12日は、“宇宙の日”! 日本にとって記念すべき日本時間9月12日(現地時間:9月11日)に、カナダのトロント国際映画祭で、人類で初めて月面へ着陸を果たしたアポロ11号計画をニール・アームストロングの目線で描いた『ファースト・マン』の映画祭公式記者会見が実施された。

 記者会見に登壇したのは、前作『ラ・ラ・ランド』で一昨年のトロント国際映画祭の観客賞を受賞し、最新作が注目されるデイミアン・チャゼル監督、主演ライアン・ゴズリング、クレア・フォイほか出演者。さらにニール・アームストロングの息子兄弟も参加し終始和やかなムードで行われた。

 チャゼル監督は製作のきっかけとして「『ファースト・マン』は『セッション』に続き同様のテーマで目標や野望を達成するために払う犠牲について探求する良い機会になると考えていた」が、進めるうちに「アームストロングは今まで描いたそのような役柄と比べ、単なる野望にとどまらず、たえず彼方にある何かを見たいという欲求があった。そんな彼が、歴史上あの期間に起きていた宇宙戦争のなかで、少年の頃から抱いた飛行への情熱であったり、その何かを見たいという欲求を、自身の任務を通して昇華させたという点に興味を引かれ、何とかして映画化したいという想いに突き動かされた」と語った。

 監督から直々に本作の主演のオファーを受けたというライアン・ゴズリングは「監督から神話のように語られるアームストロングの真実の姿を描きたかったと聞き、責任重大だと感じた」と答えた。月面着陸シーンで演じることの重要性については「英雄的な瞬間を自分のことでなく、森羅万象に関わることとして名言を残した彼を理解すること、そしてその過程に携われたことは大変光栄なことだった」と語った。


firstman

 また妻のジャネットを演じたクレア・フォイは、アームストロングの人間性や、傍で支える妻の姿にスポットが当たった本作の脚本にとても感銘を受けたようで「本作の素晴らしい点は、月に行く男たちの人間性という、誰も重要視せず、興味も持たなかった面に光を当てたこと。彼らには私生活があり、(月に行くにあたって)妻や子どもと口論をしたことなど、誰も気にかけなかった。今回は脚本を読んで、“ぜひ出演させてほしい”と思いました」とコメントした。

 会見には、アームストロング本人の息子であるリック・アームストロングとマーク・アームストロングも登壇! マークは「本作は真実に忠実であることを物語っている。すでに4、5回観ているが、昨晩も観てまた泣いてしまった。映画の内容および出演者たちの演技が、いかに真に迫っているかを物語っている作品だと思います」と本作に賞賛を送った。ライアン・ゴズリングによると「息子ら家族は撮影に協力と支援を惜しまず、宇宙シーンの撮影には実際のアポロ計画の宇宙飛行士ら、そしてセットには原作者のジェイムズ・R・ハンセンが常駐した」とのことで、「皆さんがニールとジャネット、そして彼らの功績をとても大切にされていて、事実と異なる描写がされないようにあらん限りの情報を提供したいと思ってくださっていることを強く感じた」と当時を知る協力者たちに感謝を捧げた。


firstman

firstman

 アームストロングを演じるのは『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は最年少記録となるアカデミー賞®監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞®脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

 史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在の宇宙飛行士、アポロ11号船長ニール・アームストロング。全人類の夢であり未来を切り開いた偉業のすべてを、賞レース常連の実力派監督、脚本家、俳優らが集結し当時の記録に基づく綿密な研究と持ち前の手腕によって圧巻のリアリティと臨場感たっぷりに描かれる。本作は第75回ヴェネチア国際映画祭オープニング上映作品に選出され、上映後にはスタンディングオベーションが巻き起こり、主演ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声が上がった。トロント国際映画祭ではガラ・プレゼンテーション部門に選出。公式上映はIMAXスクリーンの劇場で行われ、視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。海外の映画評論家からますますの高評価が集まっている。

 本作は、今後釜山国際映画祭、ハンプトンズ国際映画祭にも出品が決まっており、本年度の賞レースが期待される。第43回トロント国際映画祭の授賞式は現地時間9月16日(日)に行われる。日本では、2019年2月に全国公開。



(オフィシャル素材提供)




関連記事
ヴェネチア国際映画祭、オープニング上映決定!
第75回ヴェネチア国際映画祭ワールドプレミア

Page Top