インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ヴェノム』

『ヴェノム』コミコン2018

2018-07-24 更新

トム・ハーディ、リズ・アーメッド、ルーベン・フライシャー監督

ヴェノムvenom 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
11月2日(金) 全国ロードショー
©&TM 2018 MARVEL

 アメリカ・サンディエゴで開催中のイベント“コミコン・インターナショナル・サンディエゴ”にて『ヴェノム』のプレゼンテーションが行われ、主演のトム・ハーディ、共演のリズ・アーメッド、そしてルーベン・フライシャー監督が登壇し、まだまだ謎の多い作品の内容について、貴重な情報をファンに明かした。


 “We are Venom!(俺たちはヴェノムだ!)”の熱いファン・コールに迎えられたゲスト陣。トム・ハーディは初のパネル登壇であることが分かると、ファンたちはさらに大きな声援で彼を迎えた。最初に挨拶をしたフライシャー監督は、「この映画は、情熱を共有する皆さんのために作りました。ヴェノムは他のマーベル作品とは違い、とてもダークで複雑なキャラクターなんです」と語り、主演のトム・ハーディについて「彼以外に、だれが(主人公の)エディ・ブロック役をやることが考えられる? 夢がかなったよ!」と興奮のコメント。そしてエディの役柄について、「エディはヴェノムとの相対関係がある複雑なキャラクター。その演技を見事にこなすのを見るのは素晴らしい喜びです」と語った。


venom

 次にトム・ハーディが今回ヴェノムを演じることについて聞かれると、「僕にとって、ヴェノムはマーベルの中で最もかっこいいヒーローなんだ」とコメントし、会場は大盛り上がりに。出演理由について、「ヴェノムのルックスが好きだし、息子がヴェノムの大ファンなんだ」と明かした。また役作りについて、「ヴェノムはほぼ二役だ。以前『レジェンド 狂気の美学』で双子の役を一人で演じ、その経験を生かそうと思ったけど、今回はVFXを駆使した巨大なモンスターだからね!」とコメント。監督はそれを受け、「エディは常に頭の中にヴェノムの声が聞こえていて、自分ではない何かが彼を占領している。同時に、エディは他者との会話もしなければならない。トム・ハーディのその演技や、世界観を作り上げていく様子をモニターで見ているのはとても楽しかったよ!」とコメントした。


venom

 またエディ・ブロックと対峙する、<ライフ財団>の社長、カールトン・ドレイクを演じるリズ・アーメッドは自身の役柄を「天才の億万長者で、ライフ財団を創設した人物。世界は崩壊の危機を迎えており、人間の未来はどうなるのかを案じている。そんな中で、“シンビオート”を発見するんだ。彼自身の観点では、人類にとって正しいことをしようとしている。ただ、何かを成し遂げるには、何かを犠牲にしなければならないんだ」とキャラクターについて語った。


venom

 さらにプレゼンテーションでは、新映像も披露。そこに新たに登場するキャラクターが敵役で“ライオット”であることも明かされた。

 そして監督は、「みんなきっとスパイダーマンとヴェノムの対決を心待ちにしていることでしょう」と切り出し、「もし実現したら素晴らしい、いつか二人の道が交差する時が来るかもしれない」と今後の可能性を示唆した。『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、「一番対決したい相手はヴェノムだ」と公言していることについてトム・ハーディが質問されると、「トム・ホランドと対決したいかって? もちろん彼はいい役者だし、スパイダーマンも大好きだ。もちろん受けて立つよ!」と自信たっぷりにコメントした。



(オフィシャル素材提供)




関連記事

Page Top