インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『真実』

是枝裕和監督最新作『真実』
第44回トロント国際映画祭出品決定!

2019-08-15 更新

真実shinjitsu
© 2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

 10月11日(金)よりギャガ配給にて公開となる是枝裕和監督最新作『真実』が、この度、第44回トロント国際映画祭(カナダ・トロントにて9月5日~16日まで開催)のスペシャル・プレゼンテーション部門への出品が決定した。

 『シェルブールの雨傘』(63)のカトリーヌ・ドヌーヴをはじめ、『ポンヌフの恋人』(91)のジュリエット・ビノシュ、『6才のボクが、大人になるまで。』(14)のイーサン・ホークなど、世界のトップ俳優陣を迎え、母と娘の間に隠された「真実」を巡って物語が展開していく、是枝監督構想8年の渾身作にして初の国際共同製作である本作。

 8月28日から始まる第76回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門オープニング作品にも決定している本作は、『万引き家族』でカンヌ国際映画祭パルムドール受賞後初の是枝監督作として、世界中の映画祭からのラブコールが後を絶たない。

 トロント国際映画祭は北米最大規模の来場者数を誇る映画祭で、今回『真実』が出品されるのは世界を代表する映画作家の作品を集めたスペシャル・プレゼンテーション部門。最高賞である観客賞の選考対象となる部門である。是枝監督作品では『万引き家族』も選出されており、2003年には北野 武の『座頭市』が観客賞を受賞している。

 また、今年は大ヒット中の新海誠監督作『天気の子』も同部門にて出品が決定している。

 2014年『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』、2015年『ルーム』、2016年『ラ・ラ・ランド』、2019年『グリーン・ブック』など同賞を受賞した作品がアカデミー賞®主要部門を受賞しており、アカデミー賞前哨戦の一つとしても本賞への注目が集まる。



(オフィシャル素材提供)




関連記事
是枝裕和監督最新作、製作決定! 国際的スター俳優が出演!
是枝裕和監督最新作『真実(原題:La Vérité)』邦題&10月11日(金)全国公開決定!
第76回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品に決定!
第76回ヴェネチア国際映画祭リポート

Page Top