インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』LAプレミア

2019-07-25 更新

レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、クエンティン・タランティーノ監督
カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、マーガレット・クアリー、マイク・モー、マヤ・ホーほか

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドonceinhollywood 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
8月30日(金) 全国ロードショー

 ハリウッドの鬼才クエンティン・タランティーノ監督4年ぶりとなる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日(金)、日本公開を迎える。

 クエンティン・タランティーノ監督史上最もパーソナルな作品であり、ハリウッドへの愛が爆発した映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。そんな本作の舞台でもあるハリウッドで現地時間7月22日(月)にLAプレミアを開催! ハリウッドを象徴する名所、チャイニーズ・シアターで行われたプレミアイベントにはクエンティン・タランティーノ監督を筆頭に、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーら超豪華キャスト陣が登場! ハリウッドの輝ける最後の瞬間を描いた作品に相応しい、華やかでそして映画への愛が溢れ、詰めかけた多くの報道陣とファンの熱気にも溢れた会場で、ついに本作のお披露目を迎える心境を語った。


onceinhollywood

 執筆に5年の歳月を費やした本作の出来についてタランティーノ監督は「すごく楽しめる映画だと思う。観客が僕の映画を好きでいてくれるとしたら、その理由の一つは、僕が観客のために映画を作るからだと思うよ。観客のリアクションを引き出すように作った大がかりなアクションに浸れる。僕の作品を観に来たら、ただ目の前を通り過ぎてゆく映像を見るようなことにはならない。双方向の映画体験ができる。僕にとってはそれが映画館での最高の夜の過ごし方だ」と自信をみせるとともに、自らが考える最高の映画体験を提供することを保証した。


onceinhollywood

 また、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという今世紀最大の二大スターの初共演が実現したことについて「ラッキーだった。この時代で一番とは言わないまでも、この10年で最高のキャスティングだ。彼ら二人がそれぞれのキャラクターに乗り気になってくれていなかったら、うまく行っていなかった。よく聞かれるんだ。あの二人が念頭にあったのかってね。もちろんあったよ。でもこんなに幸運に恵まれるかどうかなんて、分かっていなかった」と、奇跡のキャスティングが叶った幸運を満面の笑みを浮かべながら喜んだ。


onceinhollywood

onceinhollywood

 その奇跡のキャスティングの一人、人気のピークを過ぎたTV俳優リック・ダルトンを演じたディカプリオは「僕らが演じているのは、一枚のコインの表と裏のような男たちなんだ。(ピット演じる)ブースは僕のスタントダブルなんだけど、二人はすごくユニークな関係を築いていて、そのおかげで二人ともなんとか生き抜いてきた。そうしたたくさんの異なるピースが、クエンティン・タランティーノの素晴らしい頭脳によって一つにまとめられているんだ」と、リックを支える付き人で、スタントマンかつ親友でもあるクリフ・ブースの特別な関係性を語った。


onceinhollywood

onceinhollywood

 一方、ブースを演じたピットは「(ディカプリオとは)フィットしたんだ。大抵そういうものなんだよ。ぴったりはまったように感じた。そして二人とも納得できたから走り始めた。それ以降ずっと最高(の関係)だったよ」と、ディカプリオとの初共演についてコメント。


onceinhollywood

onceinhollywood

 加えてタランティーノ監督については「クエンティンはリアリティを持たせるのがうまいんだ。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』というタイトルになっているように、彼の作品にはおとぎ話のような側面があるにも関わらずね」(ディカプリオ)、「会話は、タランティーノの会話に限るね」(ピット)と、タランティーノ映画が持つ独自のリアリズムや、特徴的な会話劇について言及し、監督の手腕を称えた。


onceinhollywood

 タランティーノ監督が「マーゴットがイエスと言ってくれなかったら、あるいはマーゴットのお母さんがマーゴットのお父さんに出会っていなかったら、一体どうしていたのか見当もつかないよ。彼女はパーフェクトだったから、彼女以外の人があの役を演じることなんて想像もできない」と絶賛する、本作の重要な鍵を握るシャロン・テートを演じたマーゴット・ロビーは「これだけのアンサンブルが一つの映画のために揃ったのは見たことがないわ。クエンティンのような監督だからこそ実現することよ。本読みのときのことは忘れないわ。周りを見回すと、アル・パチーノ、ダコタ・ファニング、ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、数えたらきりがないくらい。素晴らしい人たちばかり。確かにとんでもなくすごいキャストだったわ。(撮影は)ワイルドで楽しくてクールな経験だった。ええ、本当に楽しい経験だったわ」とタランティーノ監督だからこそ実現した超豪華キャスティングの一員として参加した撮影を興奮を隠せない様子で振り返った。


onceinhollywood

onceinhollywood

onceinhollywood

onceinhollywood

onceinhollywood


(オフィシャル素材提供)



関連記事
画像初解禁!
第72回カンヌ映画祭ワールドプレミア
第72回カンヌ映画祭 公式記者会見

Page Top