インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
完成披露試写会

2018-11-14 更新

大泉 洋、三浦春馬、高畑充希、渡辺真起子、竜 雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子、前田 哲監督

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話bananakayo
配給:松竹
12月28日(金) 全国公開
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の完成披露試写会が都内で行われ、主演の大泉 洋、共演の三浦春馬、高畑充希、渡辺真起子、竜 雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子と前田 哲監督が登壇してクロストークを行った。

 本作は、大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をW受賞した渡辺一史の「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」の実写映画化。筋ジストロフィー患者の鹿野靖明(大泉)と、自由気ままにワガママに生きた彼に振り回されるボランティアたちの姿が描かれる笑いと涙の感動作。

 ボケるためにと、登壇の際にマイクではなく一人だけのバナナを渡された大泉は、バナナとマイクの手渡しのタイミングがうまくいかず困惑。うまくボケることが出来なかった大泉は「こんな小ボケならいらないよ!」と不満げな表情を見せ、会場は爆笑。


bananakayo

 今作は大泉の故郷である北海道で、約1ヵ月に渡って撮影された。役作りで最大10キロ減量した大泉だが、「北海道はおいしいものが多いので、ついつい食べすぎてしまった」と告白し、「体型維持のためにランニングしていた。三浦くんと高畑充希ちゃんが『走りたい』って言うので、一緒に走ったけど、高畑さんは10メートルくらい走ると止まってしまうので、そのペースに合わせるのが大変だった!」とぼやき節をさく裂させ、高畑を恐縮させていた。一緒にランニングした三浦は、スマホから「爆風スランプ」の名曲「Runner」を流して気分を盛り上げていたことを明かしていた。

 撮影中は編み物にハマっていたという高畑は、本作のキャストでありプロ雀士でもある荻原聖人から「いい感じにダサいヘアバンドを作ってほしい」と頼まれ、「『絶対王者』と刺繍入りでプレゼントしたという。そんな高畑に、大泉は「『絶対王者』と刺繍入れた時点で十分ダサくなってるね」と誉め言葉を送る。苦笑の高畑は「荻原さん、すごく喜んでくださって、撮影後に麻雀の試合で着けてくれたのですが、負けていました……」と残念そうに話していた。


bananakayo

bananakayo

 撮影の合間にゴルフをしていたという佐藤に、大泉は「浩市さんは撮影前に北海道に来てゴルフをして、次の日に撮影して帰りにもゴルフをしていた。ゴルフの日は晴れていたのに、撮影の日は雨。それなのに浩市さんは『やっぱ俺は流石だよなぁ』と言っていたんです」とぶつぶつ。原田さんは撮影休みに富良野にドライブしたことを告白していた。


bananakayo

 前田監督は「ようやくこの日がやってきました。命を削る思いで撮った作品です。苦労はたくさんありましたが、こうやって出来上がってしまうと、何一つ苦労したことを覚えていません。充実した時間でした……」と感無量な様子だった。

 最後に大泉は、客席に向かって「鹿野さんという人がなぜここまでのわがままを言ったのか? 目指した社会への思いも込めて行動していたのか? この映画を観終わった皆さんがどのように思われるのか楽しみです」と呼びかけた。


bananakayo

bananakayo


(取材・文・写真:Sachiko Fukuzumi)




関連記事
北海道庁へ表敬訪問
特報映像&ティザーポスター解禁
北海道・札幌 上映会&舞台挨拶

Page Top