インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ソローキンの見た桜』

『ソローキンの見た桜』完成披露舞台挨拶

2019-02-21 更新

阿部純子、イッセー尾形、井上雅貴監督、井上イリーナ・プロデューサー
ミハイル・ガルージン駐日ロシア連邦特命全権大使

ソローキンの見た桜sorokin-movie 配給:KADOKAWA
2019年3月22日(金) 角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
2019年3月16日(土) 愛媛県先行ロードショー
© 2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

  日本とロシアの合作で、日露戦争時代を舞台に、愛媛県松山市に設けられたロシア兵捕虜収容所で出逢った日本人看護師とロシア将校の数奇な運命を描く映画『ソローキンの見た桜』。本作の完成披露試写会が2月20日(水)、都内で開催され、上映前の舞台挨拶に主演の阿部純子をはじめ、イッセー尾形、井上雅貴監督、井上イリーナ・プロデューサーが登壇。さらにミハイル・ガルージン駐日ロシア連邦特命全権大使も来場し、出演者のひとりである斎藤 工のコメントも到着するなど、会場は大きな盛り上がりを見せた。


 阿部は映画のお披露目を迎え「緊張しています」と少しだけ顔をこわばらせつつも「春を待ついまの季節にぴったりの映画ができました」と笑顔で作品を送り出す。英語が堪能な看護師役ということで「まず、セリフが英語ということで必死に勉強しました」と述懐。ロシアでのロケも行なわれたが阿部は、「初渡航でしたが、ロシアの文化の中心地であるサンクトペテルブルクでロケをさせていただき、有名な冬宮殿やエルミタージュ美術館も映画に映っています。ネヴァ川のほとりで歩きながら撮影したのは気持ち良かったです。ロシアは少人数体制での撮影で、きれいな街並みでゲリラ的に撮影をして、スタッフさん全員で流動的に動いていただいて、そのおかげでものすごくきれいなシーンが映っていると思います」と振り返った。

 イッセー尾形は、収容所の所長を演じたが、ロシアの名優アレクサンドル・ドモガロフとの共演について「怖かったです(苦笑)。ドモガロフさんがやってくると貫禄100%! ちょっとした冗談で仲よくしようって雰囲気が全くなく、役に入ってるんだなと思って、僕も役に入って頑張りましたが……僕の小物感がすごかったと思います(笑)。一緒にやってるとロシアの舞台に立ってるような気持になりました」と明かした。

 井上監督は、ロシア人俳優を起用し、全編ロシア語のSF映画『レミニセンティア』を監督したこともあり、その縁もあって今回の映画の監督を依頼されたが、「最初からドモガロフさんというロシアの偉大な俳優さんの出演が決まってて、まいったなと……(笑)。ロシアの偉大な俳優さんには、日本の偉大な俳優さんに頼むしかないと、イッセーさんに『助けてください』とお願いしました」と明かす。

 昨年から今年にかけてのロシアと日本の交流年に、この映画が制作・公開されることについて「日本人とロシア人が人として付き合える場が増えるといいなと思います。ロシアには親日家が多いのですが、日本人がそれを知らないことが残念なので、この映画を機にロシアの人々の考え方を見ていただき、お互いの国を行き来する交流できればと思います」と日露関係の国民レベルでのさらなる交流の深化を訴えた。

 井上監督の妻でもあるイリーナ・プロデューサーは「この映画の一番のメッセージは、愛情と友情はいろんな状況、国境を超えて人を結ぶということ」と訴える。また、撮影中の出来事として、松山での撮影でロシア人の俳優が休憩中に現場を離れて衣装のまま散歩に出かけてしまったエピソードを明かし、「公園の芝生だと思って田んぼに膝まで入ってしまい……(笑)。ロシア兵の軍服の衣装でしたが、衣装さんは困ってました」と語り、会場は笑いに包まれた。

 ゲストとして来場したガルージン駐日ロシア大使はこの映画について「日露の映画の合作の素晴らしい伝統を受け継ぐ事業となりました。両国の俳優、芸術家がこうして付き合いを続けていくことを喜んでいます」と語り、今後のロシアでの公開を含め、作品が日露をつなぐ架け橋となることに期待を寄せた。

 さらに、この日は来場できなかった斎藤 工からもビデオメッセージが到着! 「うかがえずに申し訳ございません」という謝罪の言葉にイッセー尾形から「ホントだよ!」とツッコミが飛んだが、さらに斎藤は「この1本の作品が日本とロシア(の友好を)を紡いでいくことを信じております。皆さんの目に、心にこの作品がしっかりと届きますように願っております」と語り、会場は温かい拍手に包まれた。

 舞台挨拶の最後に、阿部は改めてこの映画について「日本人の感性とロシア人のセンスがコラボした映画です。『日露戦争時代のロミオとジュリエット』と言ったら分かりやすいかと思います。優しさが優しさを生むような素敵なサイクルがこの映画から生まれたら嬉しいです」と語り、客席からは再び大きな拍手がわき起こった。

 『ソローキンの見た桜』は3月16日(土)より愛媛県先行公開。3月22日(金)より角川シネマ有楽町ほか全国公開。


sorokin-movie

【ロシア兵捕虜収容所に関して】

 日露戦争時代、日本には多くのロシア兵捕虜収容所が存在し、松山市には全国で初めて収容所が設けられた。日本は世界から一流国として認められるためにハーグ条約の遵守を意識し、ロシア兵に捕虜でありながら外出自由、アルコールの購入可能など、様々な便宜をかけた。この映画は、史実を元に制作しており、本編にも実際の当時の様子が随所に描かれている。平成31年度版中学校1年生「道徳」の教科書(教育出版株式会社発行)に「受け継がれる博愛の精神~ロシア兵墓地の清掃~」として本編にも登場する松山のロシア兵墓地に関して掲載が決定し、当時を題材にしたドラマとして本作品が取り上げられている。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
製作発表会見

Page Top