インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『寝ても覚めても』

『寝ても覚めても』
第23回釜山国際映画祭レッドカーペット
Q&A、フェイスオブアジア受賞

2017-10-08 更新

東出昌大、唐田えりか

寝ても覚めてもnetemosametemo

配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか大ヒット上映中!
© 2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

 現在、全国で大ヒット上映中の『寝ても覚めても』。初日からメイン劇場であるテアトル新宿では立見を含む全回満席の大ヒットスタートを切り、世界では20ヵ国以上で公開が決まっている。SNSでも「今年一番の傑作!」「この映画凄すぎ!」「また観たくて身体震える……」などの感想と共に「もう5度目の鑑賞」といった『寝ても覚めても』中毒者が出るほどの、ファンを作っている。

 10月4日(木)18:00(日本同時刻)、釜山国際映画祭のレッドカーペットに主演・東出昌大、ヒロイン・ 唐田えりかが登場。韓国のファンを魅了した。東出も唐田も同映画祭への参加は今回が初。

 空港到着時から大きな歓声で迎えられ、ホテルチェックインの時でも人だかりができるほど、韓国でも大人気の東出昌大。アジア最大規模の釜山映画祭のレッドカーペットを唐田えりかと共に歩いた。


netemosametemo

 会場に着くと、カンヌ映画祭ディレクターのクリスチャン・ジュヌとも再会を果たした。日本でも大舞台での舞台挨拶に慣れているふたりだが、さすがに満席の会場をみると、「オー! すごい!」と感嘆の声をあげた。

 レッドカーペット登壇時、ふたりの名前が読みあげられると満席の会場からは割れんばかりの拍手と大きな歓声が響き渡った。ゆっくりとレッドカーペットを歩き、随所で手を振ると会場からはさらなる大きな歓声が上がった。


netemosametemo

<東出昌大のコメント>

 モデルをやっていたので、随分とレッドカーペット的なものは歩いてきましたけど、やはりアジアの最大級の釜山映画祭、いろいろな国の俳優さん、監督さん、映画祭の方々がいてすごく華やかだな、と感じました。

<唐田えりかのコメント>

 韓国でも活動してきたので、釜山映画祭のオープニングセレモニーのレッドカーペットを歩くことができたのはとても嬉しかったで す。いつも映画とかで観ている俳優さんたちを間近に見ることができて楽しかったです。


 チャン・ドンゴン、ヒョンビン、イ・ナヨン、ナム・ジュヒョク、坂本龍一ら豪華スターが列席したオープニングセレモニーの中でもひときわ華やかな二人のレッドカーペットとなった。会場にはプライベートで駆けつけた本作の出演者・渡辺大知(黒猫チェルシー)が二人に歓声を送るという一幕もあった。

 満員の熱気が溢れた会場での上映、終映後も止まない熱狂を感じました。Q&Aでは、観客の皆さんが、映画をしっかりと観てくださっていることが伝わってきて嬉しかったです。ここトロントから、『寝ても覚めても』が北米に広がっていってくれたらと思います。


★ 上映後Q&A

 10月6日(土)15:29(日本同時刻)にはアジアの風部門に出品された『寝ても覚めても』公式上映後に、東出、唐田によるQ&Aが実施された。台風直撃のため、残念ながら野外舞台挨拶は中止となったが、チケット発売3分で完売した本作の上映は、悪天候のなか、いち早く本作や東出昌大、唐田えりかを見たいと大勢の観客が駆け付けた。エンドロールが終了すると、客席で観客と一緒に鑑賞していた東出、唐田が登壇。二人とも韓国語で自己紹介すると、大きな拍手が沸き起こった。客席からのQ&Aを受け付ける際に、東出、唐田自身が質問者を選ぶというスタイルに、客席の熱は一層ヒートアップした!


netemosametemo

 一人二役の演じ分けはどうだったか?という質問に東出は「濱口監督から撮影に入る前に、演じ分けないで下さい、という指示をもらいました。演じ分けたという意識はなく、麦という人物と亮平という人物の二人を同時進行で撮影していたという感じです」と回答。またそれぞれの役柄と自分自身の似ている点があるかと問われると「麦を動物に例えると猫で、亮平は犬だと思います。僕自身はどちらかというと猫なので、そういった意味では麦に似ているのかもしれません」と東出。唐田は「私は脚本を読んだ時から朝子に共感しましたし、演じているうちに何か芯の部分がどんどん朝子に近づいていった気がしました。とにかく何も考えずに朝子を生きた、という感じです」と寝ても覚めても“寝ても覚めても”の朝子状態だったことを明かした。それに対し、そばで唐田を見守っていた東出は「唐田さんは何も考えずに、と言っていましたが、何かゾーンに入ったような感じで演じているのを傍で見て感じていました。まさに濱口映画のミューズ誕生といった感じでした」と本作でヒロイン・デビューの唐田を大絶賛。


netemosametemo

 釜山国際映画祭初参加の二人。韓国のお客さんにメッセージをと言われ東出は「韓国が好きで、プライベートでも何度も来ていますが、初めての釜山で、『寝ても覚めても』を観てもらえてとても嬉しいです。日本でもこの作品は観る人によって感想が十人十色なので、映画に対して熱心な韓国のお客さんからどのような反応が得られるのか、とても興味深いです。カンヌでフランス人のジャーナリストに“日本では婚約者が他の男性と出て行ったらあんなに怒るのか?”という質問を投げかけられて、やはり文化が違うな、と思ったのですが、韓国の人は日本の人と同じような気持ちになってくれるのでは、と思っています」。唐田は「ひょっとしたら、観た人は朝子に共感できないかもしれませんが、この映画を観て何か感じとってもらえれば嬉しいです」と答えた。


netemosametemo

 30分のQ&A時間を延長しても質問は引きも切らず、最後に司会者がQ&A終了を告げると、二人にサインを求める観客が殺到し、二人の退場もままならないほどの熱気で溢れたQ&Aだった。韓国では来年のホワイトデー公開を予定している。


★ 2人揃ってフェイス・オブ・アジア 賞受賞!

 また、前日に行われたマリ・クレールAsia Star Awardでは『寝ても覚めても』で東出、唐田が揃ってフェイス・オブ・アジア賞を受賞。韓国語で挨拶をした。日本でもTAMA映画賞での最優秀作品賞、東出の最優秀男優賞の受賞がアナウンスされたばかりだが、それに続く韓国での受賞の知らせと共に、韓国プレミアに美しい花を添えた。


<東出昌大の受賞コメント>

 こんにちは。東出昌大です。このような映えある賞を頂き大変光栄に思います。ただ一言、アジアで仕事したいです。賞をありがとうございます。

<唐田えりかのコメント>

 こんにちは。初めまして。唐田えりかです。今日はとてもとても嬉しいです。また、釜山国際映画祭に参加出来るように、頑張ります!ありがとうございました。


netemosametemo


(オフィシャル素材提供)



関連記事
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品決定!
第71回カンヌ国際映画祭レッドカーペット&公式上映
第71回カンヌ国際映画祭 フォトコール&公式記者会見
トークショー
ジャパンプレミア
初日舞台挨拶
第43回トロント国際映画祭 公式上映&質疑応答

Page Top