インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『万引き家族』

『万引き家族』
第71回カンヌ国際映画祭最高賞
パルムドール受賞!

2018-05-19 更新

万引き家族manbiki-kazoku
© 2018『万引き家族』 製作委員会

manbiki-kazoku この度、第71回カンヌ国際映画祭において、日本時間5月20日(日)(現地:5月19日(土)夜)に授賞式が行われ、コンペティション部門正式出品作『万引き家族』が最高賞であるパルムドールを受賞した。

 日本時間5月14日(月)に行われた公式上映では、約9分に渡るスタンディングオベーションが起こり、辛口で知られる海外メディアからも賛辞が飛び交い、高評価を得るなど受賞への期待が高まっていた本作。授賞式では、今回の審査員団のケイト・ブランシェットをはじめ、エイヴァ・デュヴァーネイ監督、クリステン・スチュワート、レア・セドゥ、『ブレードランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らが選ぶ、パルムドールに発表され、是枝監督が壇上で「さすがに足が震えています。この場にいられることが本当に幸せです。そしてこの映画祭に参加するといつも思いますが、映画をつくり続けていく勇気をもらいます。そして、対立している人と人を、隔てられている世界と世界を映画が繋ぐ力をもつのではないかという希望を感じます。
manbiki-kazoku今回皆さんにいただいた勇気と希望をまず一足早く戻ったスタッフとキャストに分かち合いたいですし、作品が選ばれたにも関わらず、ここに参加できなかったふたりの監督たちとも分かち合いたいですし、これから映画をつくり、ここを目指す若い映画の作り手たちとも分かち合いたいと思います。ありがとうございます」とスピーチ。

 カンヌ国際映画祭において最高賞にあたる同賞は、1997年の第50回カンヌ国際映画祭にて今村昌平監督作品『うなぎ』が受賞して以来21年振り、カンヌのコンペにて日本映画受賞するのは是枝監督の『そして父になる』以来5年振りとなる。



◆是枝裕和監督 カンヌ国際映画祭出品 作品歴◆

 『DISTANCE』(2001年第54回コンペティション部門)
 『誰も知らない』(2004年第57回コンペティション部門/最優秀男優賞受賞(柳楽優弥))
 『空気人形』(2009年第62回ある視点部門)
 『そして父になる』(2013年第66回コンペティション部門/審査員賞受賞)
 『海街diary』(2015年第68回コンペティション部門)
 『海よりもまだ深く』(2016年第69回ある視点部門)

(オフィシャル素材提供)



関連記事
特報映像・ポスタービジュアル解禁/公開日決定! 音楽は、初タッグとなる細野晴臣
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品決定!
完成披露試写会
第71回カンヌ国際映画祭レポート 第1弾
第71回カンヌ国際映画祭レポート 第2弾
第71回カンヌ国際映画祭 公式記者会見&現地囲み取材&各キャストコメント
安藤サクラ 記者会見
日本外国特派員協会記者会見
公開記念舞台挨拶

Page Top