インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ペンギン・ハイウェイ』

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶

2018-07-05 更新

北 香那、蒼井 優、西島秀俊、竹中直人、石田祐康監督

ペンギン・ハイウェイpenguin-highway 配給:東宝映像事業部
8月17日(金)より、全国公開!!
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

 「夜は短し歩けよ乙女」、「有頂天家族」など、数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦の「ペンギン・ハイウェイ」(角川文庫刊)がアニメーション映画化。8月17日(金)より全国公開となる。そんな本作の完成を記念し、TOHOシネマズ 六本木にて完成披露舞台挨拶が行われた。

 本作にて、声優初挑戦にして初主演を果たす北 香那、3年振りに声優を務める蒼井 優、西島秀俊、竹中直人、石田祐康監督ら豪華声優キャスト・監督が登壇すると会場から大きな歓声が。

 北は、「こうして皆様にお披露目できる日を楽しみにしていたのでとても嬉しいです!」と喜び溢れるコメント。蒼井は、「今日の舞台挨拶は、とてもワクワクしています。『ペンギン・ハイウェイ』の船出を皆さんと一緒に楽しめたらと思います!」と笑顔で挨拶。続く西島は、「原作と脚本を読んだ時点で、泣けて仕方がなかったです。懐かしさがあり、心が揺れる素晴らしい作品だと思うので、楽しんでください」とコメントし、竹中は、「最高の映画に呼んでいただいてありがとうございました!」と挨拶するとMCから、「今日は衣装がペンギンのようですね!」と振られ、「この日のために選んできたんだよ!」と満足げに語った。石田監督は、「本当にこんな多くの方に観ていただけること。このキャストさんの素晴らしさ。身に余る思いで恐縮です。皆さんのおかげでここまで来られました。どうぞ楽しんでいってください!」と初となる長編作品への思いを語った。

 観客へ初のお披露目となるこの日、北は「感動、冒険、憧れだったり、全てが詰まった作品です。皆さんもきっと暖かくなって帰っていただけるのではないかと思います」とコメント。性別も年齢も違う主人公アオヤマ君役を演じたことについて、「10歳の男の子の声のトーンや仕草がわからなかったので、同年代の妹の授業参観に行って学び、アフレコに挑みました」と役作りの裏側も披露した。


penguin-highway

 蒼井は「観終わった後に、過去に置いてきたモノクロの時間に、色が戻った気持ちになる。そんな背中を押される作品です。皆さんにも本作を観て、そういう経験をしていただけますと、光栄です」と語り、役柄についても「今回、とても難しいなと感じていたのですが、しっかりした、自分を持っているお姉さんの役をいただくことが少ないと気づきました。私は誰かに寄生している役が多いので(笑)」との暴露に会場から大きな笑いが起こった。


penguin-highway

 そして、この日30歳の誕生日を迎える監督との仕事について、西島は「すごく才能があって、勢いがあって、ものづくりの喜びに溢れている方なので、アフレコも楽しかったです」と語ると、すかさず竹中から、「最高だったんです。この監督のキャラクター最高でしょ? ペンギンのような笑顔が素敵で。とても優しくて、それでいて大胆で、とても良い映画になっています」と絶賛のコメント。監督は恐縮しながら、感謝と満面の笑顔で喜びを表現した。


penguin-highway

 そして、本作の主人公・アオヤマ君は小学4年生の男の子ということから、どんな小学生だったか聞かれた北は、「やんちゃでダメって言われることほど、やりたくなる小学生でした。夏休みの前日に鍵を空けておいて、休みの間に入ったり(笑)」とアオヤマ君のような冒険エピソードを披露。蒼井は「『魔女の宅急便』が好きだったんですけど、家に赤いカチューシャと黒いワンピースがあるのに気づいて、自分がキキかもしれないと信じ込んで、家に1人の時にベランダでデッキブラシにまたがって“……飛べ!”って(笑)。本気で信じていたんです。そんな子供らしい子供でした」と可愛らしいエピソードを披露。

 西島は、「僕は3月末生まれなので、小さくていろいろなことができない子供でしたが、1度夜にこっそり家を抜け出して、走っりまわったりしました」と話すと、竹中から、「大したことないね(笑)」とツッコミが。


penguin-highway

 竹中は、老人のモノマネで会場を沸かせつつ、「私は漫画家になりたいと思っていました。運動会とかでも走るのが速かったんですが、ただ1番になるのが恥ずかしくて逆走してしまうような屈折した子供でした(笑)」とエピソードを語り、会場を笑わせた。

 そして、MCから「“素敵なゲスト”が来ています!」との呼び込みで、ステージ上にペンギンのぬいぐるみとコーラ缶の入ったボックスが登場。会場からも「何? 何?」とのどよめきが。キャストが一斉にボックスにCO2を吹きかけると、なんと本物のペンギンが3羽登場! 蒼井は「腕組んでる、かわいー!」、北も「かわいい! かわいい!」とキャストたちも大喜びでペンギンに駆け寄った。“普通の住宅街に突如ペンギンが出現する”という劇中のふしぎな現象が、映画館にペンギンが出現するという形で再現された。


penguin-highway

 さらに、主題歌を務める宇多田ヒカルからのコメントも発表。「謎の魅力。大人のズルさ。そんなことを感じながら原作を読ませていただきました。映画の公開を楽しみにしています」と本作へエールを贈った。

 最後に蒼井は、「この映画をご覧になって、皆さんの見ている風景のトーンが上がれば嬉しいなと思います。石田監督の長編デビュー作ですので、たくさんの愛と祝福が注がれるのを祈っています」とコメント。北は、「お子様には、ペンギンがひたすら可愛くてドキドキして楽しく観られるのと、大人の方には、あの日のことを思いだして、優しい気持ちになる映画なので、ぜひ楽しんでください!」と語り、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。



(オフィシャル素材提供)




関連記事
製作発表会見

Page Top