インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 ヴァレリアン 千の惑星の救世主

2018-02-01 更新


ヴァレリアン 千の惑星の救世主valerian
© 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION

イントロダクション

valerian 『グラン・ブルー』『レオン』など熱狂的なファンを持つ名作群で知られる巨匠リュック・ベッソンが、30年を超えるキャリアでも最強にして最大のスケールで贈るSF超大作が誕生! 『スター・ウォーズ』にも多大な影響を与えた伝説のSFコミック「ヴァレリアン」を原作に、銀河をパトロールする美男美女コンビが全宇宙の存亡を揺るがす陰謀に立ち向かう。自由奔放なイマジネーションとエキサイティングなアクションがさく裂する、最新VFX技術とベッソンの夢が詰まった壮大なオモチャ箱だ。

 宇宙を守る任務を帯びたスペシャルエージェントのヴァレリアンとローレリーヌは、星から星へと飛び回り、ある時は失われた高度な文明を探り、ある時はアクの強い闇商人と渡り合う。そしてプレイボーイでもあるヴァレリアンのもうひとつの目的は、なんとしても愛するローレリーヌの心を射止めることなのだ!

valerian コミックが誕生した1967年から愛され続ける主人公、ヴァレリアンに扮したのは、『ディーン、君がいた瞬間』でジェームズ・ディーンを演じ、プラダの広告塔も務めるデイン・デハーン。彼が操る一人乗り宇宙船“スカイジェット”は、本作で映画と初めてのコラボとなったLEXUSがデザインを担当した。そして頼れる相棒にしてクールビューティーのローレリーヌを演じるのは、トップモデル、女優のカーラ・デルヴィーニュ。カーラはファレル・ウィリアムスのプロデュースで本作のテーマソング“I Feel Everything”を歌い、ソロシンガーとしてもデビューを果たしている。

valerian さらに人類から宇宙人まで個性あふれるキャラクターを演じるために、映画界に留まらないオールスターキャストが集結。『トゥモロー・ワールド』のクライヴ・オーウェン、『マグニフィセント・セブン』のイーサン・ホーク、『トリプルX:再起動』でハリウッド進出したアジアのヤングスター、クリス・ウー、『アルゴ』の大ベテラン、ジョン・グッドマン。さらにポップミュージック界に君臨するディーヴァ、リアーナが変幻自在の宇宙人パフォーマー“バブル”役で妖艶なダンスを披露したかと思えば、ジャズの巨人ハービー・ハンコックがまるで本職の俳優のように登場。SF映画の金字塔『ブレードランナー』の名優ルトガー・ハウアーも顔を見せる。

 いまだかつて見たことがない奇想天外な惑星や宇宙生物たち、これでもかとアイデアが詰め込まれた超巨大宇宙ステーション“アルファ”の超絶ビジュアル、冒険に次ぐ冒険と、ヴァレリアンとローレリーヌの胸がすくような大活躍。ベッソン自身が手がけた大ヒットSF『フィフス・エレメント』というハードルを軽々と凌駕してみせた、銀河中を魅了する一大スペクタクルである。

ストーリー

valerian 西暦2740年。宇宙を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。

 二人が向かったのは、長い年月を経て拡張を続け、あらゆる生命が共存する宇宙ステーション・アルファ、別名“千の惑星の都市”。しかし、その深部には謎の放射線反応が見られ、3,000を超える種族が死滅の危機にあったのだ。

 「10時間以内にその原因を究明せよ」という極秘ミッションを託された2人の前に突如現れたのは、30年前に消滅したはずの惑星の住人たち。彼らの思惑とは一体……?

 果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”の危機を救うことができるのか!?


(2017年、フランス、上映時間:137分)

キャスト&スタッフ

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画) ※小学館集英社プロダクションより2018年2月7日頃発売予定
出演:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、イーサン・ホーク、リアーナ、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアーほか

配給
キノフィルムズ
3月30日(金) 全国ロードショー

オフィシャル・サイト
http://valerian.jp/ (外部サイト)


関連記事
アフレコイベント

Page Top