インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 デメキン

2017-12-03 更新


デメキンdemekin
© よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
© 2017 映画『デメキン』製作委員会

イントロダクション

 10代、荒ぶる魂と友情の絆が紡いだのは、「福岡統一」の夢だった――。原作は、2009年3月22日に小説が発売。2010年3月19日より始まったシリーズ累計170万部を突破した大人気コミックスの「デメキン」(ヤングチャンピオン連載中)。著者は、人気お笑い芸人・佐田正樹。福岡最大の暴走族の総長時代を力強く描き、ミリオンセラーに導いた。

demekin 主演の佐田正樹を演じるのは、本作がファン待望の長編映画単独初主演となるネクストブレイク必至の逸材・健太郎。2017年10月28日公開『先生!、、、好きになってもいいですか?』や同年秋放送、人気コミック原作のドラマNHK土曜時代『アシガール』への出演が決まっており、抜群の存在感を示している。正樹に匹敵する問題児・合屋厚成を演じるのは、映画『青空エール』『闇金ウシジマくん Part3』など注目作品に立て続けに出演。今後、『あゝ、荒野 前篇・後篇』(前篇:10月7日公開、後篇:10月21日公開)、『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11月11日公開)など年内公開作品が10本以上を越える、注目の実力派俳優・山田裕貴。

 共演には、人気ファッション誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルで、俳優としても活躍中の栁俊太郎、第9回沖縄国際映画祭上映作品『帰ってきたバスジャック』等に出演。今、最も期待される女優の今田美桜はじめ、佐田正樹自身も審査に加わったオーディションで選ばれた勢いのある旬の若手俳優陣が集結! 血の気たっぷりに作品を盛り立てる!

 メガホンを取るのは、土屋太鳳主演『アルカナ』や北村一輝主演『猫侍』、dTV「テラフォーマーズ/新たなる希望」などの気鋭・山口義高監督。脚本は、異例のロングランヒットを記録した『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞ほか、同年のビックタイトルを立て続けに獲得した足立 紳。エネルギッシュなスタッフが手掛けた新たな“ホンモノ”青春グラフティの傑作が誕生した!

ストーリー

 幼少期からギョロっとした二重まぶただったためデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。

demekin 赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。

 ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返していた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて……。


(2017年、日本、上映時間:116分、PG12)

キャスト&スタッフ

原作:佐田正樹「デメキン」
監督:山口義高
脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)
出演:健太郎、山田裕貴、栁俊太郎、今田美桜、髙橋里恩、田中偉登、福山翔大、三村和敬、藤木 修、岩永ジョーイ、神永圭佑、成田瑛基、笠松 将、黒石高大、くっきー(野性爆弾)、ケン(水玉れっぷう隊)、坂田 聡ほか

配給
AMGエンタテインメント
シネマート新宿ほか 全国公開中

オフィシャル・サイト
http://demekin-movie.com/ (外部サイト)


関連記事
初日舞台挨拶

Page Top