インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『獣道』第19回ウーディネ・ファーイースト映画祭 ワールドプレミア

『獣道』第19回ウーディネ・ファーイースト映画祭
ワールドプレミア

2017-04-27 更新

伊藤沙莉、アントニー、内田英治監督、アダム・トレル(プロデューサー)

獣道kemono-michi

配給:スタイルジャム

© third window films

 宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いたブラック・コメディ『獣道』が、7月15日(土)よりシネマート新宿レイトショーほか全国公開となる。

 この度、ヨーロッパ最大のアジア映画祭、第19回ウーディネ・ファーイースト映画祭(開催:4月21日~4月29日、イタリア・ウーディネ)コンペティション部門にて現知時間4月25日(火)、本作がワールドプレミア上映、伊藤沙莉、アントニー、内田英治監督、プロデューサーのアダム・トレルが参加し、満員の会場では上映後にスタンディング・オベーションがおこり、観客からはこの地方文化満載の日本映画に釘付けとなった。

 ウーディネ・ファーイースト映画祭は、東アジアおよび東南アジアの最新作をヨーロッパに紹介することを旨とし、大作からミニシアター系の作品まで幅広いジャンルの良作を選出。人生初の海外の映画祭の参加であった伊藤沙莉の可愛らしさと本作での大胆な演技のギャップに来場者は完全ノックアウト、作品に込められた地方愛に同感するウディネーゼのハートを鷲掴みにしたようだ。

 1200人のキャパである上映会場は満員御礼。日本の地方を舞台にした青春映画がイタリアでも注目を集めた。中には、同期間中の映画祭ゲストである松田龍平(『ぼくのおじさん』)、三浦大輔監督(『裏切りの街』)、小林聖太郎監督(『破門ふたりのヤクビョーガミ』)、西谷 弘監督(『昼顔』)ら豪華映画人が同席した。

 本作含め、韓国、中国、台湾、マレーシア、カンボジアなど、アジア各国の作品に対する授賞結果は現地時間4月28日に判明する予定。同時に世界最速で、現地からも舞台挨拶時の歓喜コメントも届いている。


★伊藤沙莉のコメント

 グラッツィエ。私のすべてを注いだ大切な作品になっています。ぜひ楽しんでご覧ください。


★アントニーのコメント

 ボンジョルノ。(イタリア語)入国審査で止められました。私は日本人です。(イタリアで有名なギャクとリンクしているので、会場爆笑)僕も、こう見えて日本人で、この映画を観るのが初めてなので、この映画を観るのが皆さんと一緒で、気持ちが高ぶっています。どうぞ最後までお楽しみください。


映画『獣道』

 (2017年、日本=イギリス、上映時間:94分)

 ■イントロダクション
 キラキラではなく、ギラギラした青春群像。実話をベースにした“真っ黒な青春映画”が誕生した。『下衆の愛』の内田英治監督と英国人プロデューサーのアダム・トレルが再びタッグを組み、オリジナル脚本で“地方社会”のリアルを笑いたっぷりに描いた異色作。新興宗教にはまる親、未成年者を取り込む風俗産業、社会保障を食い尽くすヤクザとその手先として利用される不良ども……。そんなクソヤローたちに翻弄されながら必死に生きる場所を見つけようとする男女を描くブラック・コメディーだ。
 撮影には地元ローカルの不良少年らが出演し、地元警察監視のもとで撮影が行われるという異例の事態となった。注目のキャストには天才子役と呼ばれ現在も演技派として活躍をつづける伊藤沙莉と須賀健太の初共演が実現。伊藤は「女王の教室」「GTO」「その「おこだわり」、私にもくれよ!!」などに出演。「TRANSIT GIRLS」では連続ドラマ初主演を果たした。新境地となった本作で魅せる体当たり演技にも注目したい。須賀は『ALWAYSと三丁目の夕日』で人気を博し、近年は「ディアスポリス」など注目作に出演が続く。
 そのほかハーフ芸人として活躍するアントニーは地元を仕切る番長を、「太陽を掴め」で主演をつとめた注目の新星・吉村界人がその子分で狂気に突き進む暴走族を演じる。また、宗教ジャンキーの母親を演じる広田レオナ、実力派のでんでん、近藤芳正らが脇を固めた。
 果てしない獣道をゆく若者たちの運命はいかに。キラキラ青春映画の真反対をゆく問題作誕生!

 ■ストーリー
 とある地方都市で生まれ、親の愛を知らずに育ち自分の居場所を求め宗教施設や風俗の世界へ身を転じていく少女・愛衣(伊藤沙莉)。
 愛衣の唯一の理解者であり、彼女に恋する少年・亮太(須賀健太)もまた居場所を探す不良少年であった。
 居場所を求め続ける二人の純情は、やがて地方都市というジャングルに飲み込まれていく……。

 ■監督・脚本:内田英治、アダム・トレル
 ■製作:Third Window Films
 ■出演:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー、吉村界人、韓英恵、冨手麻妙、松本花奈、川上奈々美、毎熊克哉、マシュー・チョジック、矢部太郎、でんでん、広田レオナ、近藤芳正ほか
 ■配給:スタイルジャム

 ■公開
 7月15日(土) シネマート新宿レイトショーほか全国公開

 © third window films


オフィシャル・サイト
 http://www.kemono-michi.com (外部サイト)




(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top